【転職面接】職務経歴を教えてください。を上手に答えるコツ

29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_s

面接でほぼ必ず聞かれる「職務経歴を教えてください。」という質問。

漠然とした質問の為、どこまで答えれば良いかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回は「職務経歴を教えてください。」という質問に上手に答えるコツをご紹介します。

職務経歴はなぜ聞かれるのか?

e5dd08745587f02ebb4c252df3dcf2c8_s

面接官がする質問には必ず質問している意図があります。

世間話のように聞こえる質問にもなんらかの意図があります。

なぜなら、短い時間で応募者の人生、会社の人生を左右する事になるわけですから、どんなにフランクな質問でも判断する為の材料にしているわけです。

したがって、質問の意図を正しく理解し面接官の要望を満たす回答をする事が重要です。

「職務経歴を教えてください。」という質問には、

  • 過去にどんな経験があるのかを知りたい
  • 自社との共通点を知りたい

という2つの意図があります。

過去にどんな経験があるのかを知りたい

まずはそのままの意味ですが、過去にどんな経験を積んできたのかを知りたいという意図です。

しかし、この段階では事細かに詳細が知りたいというよりはザクッとした大枠の部分が知りたいだけです。

自社との共通点を知りたい

こちらは応募者は特別意識する必要はありません。

過去の経験やスキルを聞きながら面接官が頭の中で、「この人はうちの会社に合いそうだ。」「合わなそうだ」という事を想像する形で把握していきます。

つまり、先ほど紹介した一つ目の意図を押さえるように回答すれば問題ないという事です。

職務経歴を聞かれた場合は上記の2つの意図を満たす回答をする必要があります。

「職務経歴を教えてください。」の答え方

それでは、職務経歴の答え方について解説していきます。

先ほど2つの意図について解説をしましたが、この質問をされた時に具体的に抑えなければいけない項目としては

  • どこで
  • 誰に
  • 何を
  • どうしていたのか?

の4つです。

この流れに沿って答える事で、わかりやすい回答になり、自分でも整理しやすくなります。

例えば、私の例で言うと

  • どこで→株式会社〇〇という求人メディア会社で
  • 誰に→大阪市内の業種を問わない中小企業の経営者または人事担当者に
  • 何を→リクナビネクストなどの求人メディアと採用、定着までのノウハウを
  • どうしていたのか?→提案営業していました。

となります。

面接でされる質問は全て共通して言える事ではありますが、基本的に聞かれた事に素直に答えていれば問題ありません

上記の例を参考にしていただいて、一度自分の職務経歴について、話す練習をしてみてください。

職務経歴は「どこで、誰に、何を、どうしていたのか?」でOK

5a0a8ed3a28ce7225c4fdf96cd27e192_s

今回は「職務経歴を教えてください。」という質問の答え方について解説をしました。

これだけ読めば「なんだ、簡単な事だな」と思われた方が多いと思いますが、ほとんどの方がわかり易く答えられていません

というか、この質問にわかり易く、簡潔に答えられるという方は多分面接に通過します。w

今回の記事を参考にしていただいて、是非、面接に通過できる面接対策をおこなっていただきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする