未経験転職者が振り返るべき、面接で生かせる過去の経験の話

4d0c07448f006a71a9bb0d60a647da55_s

未経験職種に転職するとき、過去の経験について質問されたらなんて答えたらいいのだろう?

こんな悩みを持っている方はたくさんいます。

私自身も多くの転職者と接する中でこのような悩みをおっしゃる方はたくさんいます。

今回は多くの企業の転職をサポートする仕事をしている私が、未経験者が振り返り、面接で話すべき過去の経験について紹介したいと思います。

ただの昔話を話していたのでは内定など出るはず無い!

e7bf500c49381a44494e8702e0393ab8_s

未経験から転職をされる転職者の方に「あなたの自慢できる過去の経験について教えてください」「あなたの経験の中でどんな経験がこの仕事に活かせそうですか?」というような質問をすると十中八九、ただの昔話が帰ってきます

ただの昔話とはタラタラと過去やってきた仕事について話すことです。

もちろん、経験が無い仕事ですので、どんな経験が活かせるかと聞かれてもなんと答えれば良いのかわからないと思います。しかし、一番重要なのは受けている仕事に必要なスキルを理解し、自分の過去の経験と結ぶつけられるか?というのはとても重要なのです。

あなたが受けている企業の営業職は誰にものを売る?

1f98b8e7e6e54a206a7805ab741305e1_s

例えば、あなたが今受けている、もしくは受けようと検討している企業のことを想像してください。あなたの先輩(その会社の営業職)の人は誰に何を売っていますか?

例えば、BtoBで企業のお客様にものを売っているかもしれませんし、一軒ずつ個人宅を訪れて商品を売っているかもしれません。

企業向け、個人向けそれぞれのサービスで同じスキルで通用するかといえばそうではないというのはお分かり頂けると思います。

したがって、お客様が企業の場合、企業側はある程度のビジネスマナーや、ビジネス知識を求めています。

例えば、前職で営業ではなくとも他の企業の人間と絡むことがあったとか、秘書検定を持っているという話題は好印象を与えるかもしれません。

反対に個人営業の場合はそこまでビジネスマナーにうるさく無い代わりに、人から信頼される雰囲気かどうかといった点や、企業向けの営業職と比較すると件数が必然的に多くなるため黙々と忍耐強く営業活動を行っていけるか?という点を重視しています。そのため、一心不乱に何かに取り組んだ経験や、周囲の方々と仲良くできるというエピソードの受けが良いかもしれません。

過去の経験を語るときはこのように、狙っている企業ではどのような人材が活躍していて、どのようなスキルが必要となるか?という観点を持って振り返るエピソードを絞っていくことが重要です。

経験の話し方もかなり重要

面接未経験ポイント

先ほどは、どの過去を振り返れば良いかというヒントをお話ししました。そして、良い経験を見つけられたとしてもただ、だらだらと話をするだけでは意味がありません。

経験の伝え方もとても重要です。経験を伝える際に重要なのが、なぜそれをしょうと思ったか?なぜそれができたか?という観点です。

例えば、わかりやすい例をあげると、過去にテストで100点を取ったというエピソードがあったとします。そして「私は過去テストで100点を取ったことがあります!」と話したとするとたぶん聞いている方は「それで?」と思うはずです。

しかし、ここに、「私はずっとテストが50点でした。あるとき仲の良かった友人がテストで80点を取っていて私は悔しい思いをしました。そして友人を見返すために3ヶ月毎日勉強をしテストで100点を取ることができました。」という話をすれば「なるほど、悔しさで頑張る人間なんだな」とあなたの魅力が伝えられます。

私は週に10人以上は転職者の面談をしているのですが、結果だけしか言わない人はかなり多いです。つまり「で?それが何?」と思うような人です。

したがって、先ほどのように自分がどんなことを考えて、なぜ、アクションを起こしたのか?ということを語ることができれば、企業の人の理解度が高まるだけではなく、結論しか話しない人を出し抜くことができるというわけです。

それでも語れる経験が無い!

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

ここまで話をする中で「そんなこと言っても人に自慢できるような経験は無いな。。。」と思っている方もいると思います。

なぜこのような状態になるかというと、そもそも狙っている業界や企業があなたに合っていないということが理由かもしれません。

転職活動はお見合いに例えられることがよくありますが、実際に自分が入社したい!と思い努力をしたからと言って必ず入社できるものではありません。結局は会社と自分の思いが合致しているかどうかが大事なのです。

つまり、自慢できることが無いのであれば、自分が自慢できること、自分の過去の経験を活かせる会社を見つければいいだけの話では無いでしょうか。

このサイトの中で私は未経験の転職ほど沢山の情報がものをいうという話をしていますが、今使っている転職サイトや転職エージェントだけではなく、幅広い転職サービスを利用して一件でも多くの転職情報を探していくことが重要だと言えます。

まとめ

今回は未経験の方に多い悩みである、転職時にどんな経験を振り返るのが良いのか?という悩みについて解説をしました。今回の記事を参考にしていただいて、ぜひ満足のいく転職活動をしていただければと思います。