自分にあった企業・仕事探しの手順

c81c33b28ce8ecc81da4327f7a0623d9_s

前回までの記事で転職の事前準備、自分に合った企業を探す方法などについて解説をしました。

自分にあった仕事探しを行うためには、過去でお伝えしたことも重要となるため本気で転職を成功させたい!転職によって今よりも良い生活をしたい!と思っている方は是非、過去の記事も読んで見てください。
前回まで記事はこちらから↓

転職活動事前準備
企業・仕事選び

本気で転職を成功させたいのであれば本記事を是非!読み進めてみてください。

仕事を探す前に現状を整理する

この記事を読んでいる方であれば、「転職するならこんな会社がいいなー」や「こう言う企業に転職したらよさそうだなー」と漠然と思っていると思います。
まずは漠然とした思いを言葉にする作業をしなければいけません。まずは下のシートをご覧ください。

※画像をクリックすると拡大します。

mihongenjouseiri

ダウンロードはこちらから→現状分析シート

このシートは現状を整理するためのシートです。このシートは今あなたが思っている事が簡単に言葉にでき、面接対策までできる万能シートなのです!

自分にあった企業、仕事を探すためには自分の思いを言葉として書き出す作業をまず行う必要があります。これにより、自分の思っているレベルより深い部分にある願望適正を探る事ができるのです。まずはこのシートを騙されてと思ってやってみていただきたいと思います。もし、本当に転職活動を成功させていと思うなら。

このシートをただ漠然と記入するだけでもしないよりはマシですが、より効果を高める方法があります。それは、前回なぜ転職する?転職理由を明確化しなければ転職活動の成功はない!転職活動がスムーズに進む!絶対やるべき簡単自己分析こちらの記事で紹介した以下の二つのシートを実施していただき、そのシートを見ながらやっていただけると効果は増幅します。正直、この3枚のシートをやっていただければ転職活動中の面接、面談でつまづく事はなくなると思いますよ。

なるべくキャリアアドバイザーに会おう

9b9943bf943b3a53ab53877aaed7b165_s

先ほどまでの工程を行った後、自分で企業探しを始めるのも良いですが、私がプロの目線からお伝えしたいのはできるだけプロのアドバイスを聞いて欲しいという事です。
例えば前回の記事なぜ転職する?転職理由を明確化しなければ転職活動の成功はない!でも解説をしましたが、人材紹介を利用する場合キャリアアドバイザーという転職市場に詳しい人に話しを聞く事ができます。私のように転職者のフォローを本業で行っている人間の方が、第三者目線で公平なアドバイスができるため本当は専門でやっている人の方が良いですが、一番身近で無料で利用できる人材紹介会社をオススメします。

私は人材紹介会社の面談の経験もありますが、99%の転職者は手ぶらで面談に来て、質問に対してその場で適当に考え解答をします。人材紹介会社のアドバイザーは効率良く多くの方と会う事がビジネスモデル上必要なため、求職者(あなた)の悩みが解決したかどうかにかかわらず、時間が来れば程の良い求人を紹介して面談を終了してしまいます。先ほどの事前準備をしていくだけでアドバイザーの専門的なアドバイスを引き出しやすくなります。また、人材紹介会社としてあなたにぴったりの求人も紹介しやすくもなります。

この感覚は美容室に行く事と近いものがあります。美容室に行く際に手ぶらで行くよりも、雑誌の切り抜きなどを持参し、イメージを伝えた方が、失敗が減りますよね?
それと全く同じです。

プロのアドバイザーにあった際の注意点

プロのアドバイザーを上手く活用する方法として面談の最後に三つの質問をしてみるという事があります。三つの質問とは

  • 私の希望にあった業界はどんなところがありますか?
  • 私の希望にあった職種はどんなものがありますか?
  • 私の希望を叶える会社はありますか?

以上のような質問をすると良いと思います。人材業界(人材紹介会社など)に在籍する人間は割と世話焼きタイプが多く、世話焼きタイプでなければ成立しない業界ともいえます。彼らも仕事なので成績と、目の前の求職者(あなた)との間で揺れています。そんな時にこの質問を投げかける事でキャリアアドバイザーの世話焼き根性を引き出す事ができます。キャリアアドバイザーでなくとも自分の知識や、人間性を頼られるという事は嬉しい事です。冗談のような話しですが、この作戦でより適切なアドバイスを引き出せる確率はかなり高いと思います。

条件に合う企業をできるだけたくさん調べてみよう!

0569bf22b18b039da73b78a647f0f89c_s

ここまで来れば、自分に合う業界、職種についてイメージがかなりついていると思います。おそらくキャリアアドバイザーにあった事によって以外な発見や、今まで考えた事のなかった業界も視野に入ってきている事と思います。
後は条件に合いそうな企業を転職サイト人材紹介などを利用してひたすら探し、応募をしていくだけです。
紹介した転職活動の事前準備がしっかりできていれば、企業選びで迷う事もありませんし、ただ、転職サイトや求人広告を閲覧し、事前にある情報と照らし合わせるだけです。

どんな企業に応募したら良いのかわからない。という方や、企業の違いがわからないと言っている人は事前の準備ができていない可能性が高いです。

良い企業に巡り合うために抑えておきたい求人検索のコツ

求人広告の検索の際にも抑えておきたいポイントがあります。それは求人サイトだけにこだわらず、google、Yahoo!を活用する!という事です。転職活動成功のポイントには情報の多さというものもあります。企業を選ぶ際にどうしても知っている。聞いたことがあるという感覚を重視してしまい大企業や大手と言われる会社にしか興味が湧かないという場合もあると思います。しかし、世の中の99%の企業は中小企業(名前も有名ではない企業)という場合が多いです。しかも、その99%の中に有よ企業はたくさん潜んでいるのです。

衣食住に関わる企業はよく名前を聞いた事があると思います。しかし、タッパーなどの樹脂製品製造で日本一の企業を知っていますか?給与水準が高い鉄鋼業界で日本一のシェアを持つ企業を知っていますか?
これまでと同じ業界への転職をする場合はそのあたりも詳しいと思います。しかし、営業職を軸に業界にこだわらず仕事探しをするというケースのような場合、他の業界に関する知識が不足しているばかりにかなりの有良企業を見逃してしまうという事も良く起こります。

このような機会損失を減らすために、気になる企業があった時に、google、Yahoo!などで「〇〇業界 ランキング」、「〇〇業界 企業 シェア」などと調べてみてください。すると、聞いた事のない企業名が必ず出てくるはずです。

そして、聞いた事はない企業が出てきた場合はさらに株式会社〇〇 採用などと検索すると、転職にサイトに載っていない以外な優良企業に出会う事ができるかもしれません。

この作業はかなり重要な作業となりますのでできれば休日や、仕事帰りの電車、仕事中に会社のパソコンで(笑)やってみて欲しいと思います。

自分にあった企業・仕事探しの手順まとめ

ce09a7fa7e41d15f31d0013e08ae60e2_s

今回は前回までにやっていただいた転職活動の事前準備を生かして、企業・仕事探しをしていただくための手順について解説をいたしました。正直面倒くさいなと思っている方も、転職活動のための数日間面倒くさい事を我慢する方が良いか、適当に転職活動をして数年間面倒くさい思いをするかどちらが良いかはあなたが選択してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする